荷物の梱包のコツ

引越しの際には荷物の梱包が必要になります。
大手業者ですと梱包サービスなどがあるところも多いですが赤帽引越しの場合は
梱包を手伝ってくれませんので全て自分でする必要があります。

梱包のコツとしては引越し日までは使わないと思ったものは、どんどんダンボールに詰め込んでおくことです。わたしの場合は引っ越し先で本当に必要なものだけに絞って、不要だと思ったものはどんどん捨てるようにしました。

結構長いこと使っていなくて不要なものがあるもんなんですよね。断捨離にもつながりますので、この方法はおすすめですよ。ともかく早めに準備しておけば、直前になってそう慌てずに済みます。

また、お皿などの割れ物は、割れ物だけにまとめて、外から見ても分かりやすいように、ダンボールの表面に「割れ物」と書いておくと作業スタッフも一目で分かり、いいかと思います。

割れ物が入ったダンボールにはタオルなんかも一緒に入れて割れないようにすることが大事です。また、タンスなどがある場合は中に洋服を入れたままで引き出しが出ないようにガムテープなどでとめておけばそのまま運んでくれます。

タンスだと重いような気もしますが赤帽の場合は台車は持ってきてくれますので
台車に乗せて運べばたいしたことないです。ただしエレベーターがなく階段しかない場合は台車は使えないのでタンスは引き出しを全部出して軽くして、衣類は別にダンボールに入れて運ぶのが無難ですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページ先頭へ